1. 皆様はじめまして。

この度、Strong Geniusにてコラムを執筆させていただくことになりました六反田裕(ろくたんだゆう)と申します。

 

現在は、高知市内にありますパーソナルトレーニングジムyou styleを拠点に大学、高校サッカー部のフィジカルコーチ(ストレングス&コンディショニングコーチ)として活動しております。詳しい経歴はプロフィールをご覧ください。

 

私からは、これまで小学生〜シニアの個人&団体の男女アスリートにトレーニング指導を行なってきた経験から、競技パフォーマンスを高めるための主にフィールドでのトレーニングに関してお話します。(ジム内でのレジスタンストレーニングに関しましては他執筆者からのコラムでのご紹介が多くなるためフィールドでのトレーニングをメインとします。)

他には、福岡〜東京〜現在は四国高知と日本でも地方での活動経験から、地方のアスリート(ジュニアアスリート)やトレーナー事情などのお話しも後々お伝えできればと思います。

至らぬ点もあるかと思いますが、今後とも宜しくお願いします。

 

そもそもトレーニングとは・・・

 

最近は体幹トレーニングなど様々なトレーニング方法を聞くようになりましたが、皆さんは「トレーニング」と聞くと、何をイメージしますか?

アスリートの場合、トレーニング方法は様々ですが、強い!速い!高く跳ぶ!など運動能力を高めるためにトレーニングが必要だということを感じているかと思いますがいかがでしょうか?

今回は、「トレーニングに関してより理解して効率的に取り組むには」という話しで、

  • トレーニングの必要性
  • トレーニングの位置付け

についてお話しします。

 

トレーニングの必要性

 

今よりも高いレベルでの試合に勝つ、または良い成績を出すためにはパフォーマスを向上させる必要があります。ここでのパフォーマンス向上とは、「現在の身体状態や身体活動などの身体&体力ポテンシャルを改善または向上させ目的に対して適応させること」です。

そしてパフォーマンス向上にはトレーニングが有効な手段となります。

トレーニングは、身体組成(体重、筋量、体脂肪率)、筋力、スピード、アジリティ、パワー、持久力、柔軟性、動作効率等の体力を「より効率的に、より効果的に、より安全に」に向上させることができるからです。

 

トレーニングの位置付け

 

トレーニングの必要性は分かったけど自分にとってトレーニングはどれくらい重要度や優先度が高いのかということを理解することが、アスリートにとっては時間vs効果(時間対効果)の点から重要になります。

上の図のように、勝利するためには様々な要因が影響します。選手やチームの現在位置(競技レベル、技術レベル、体力レベル疲労など)によって各要因の重要度や優先順位は変化するので、最大限パフォーマンスを高め勝利するためにトレーニングの位置付け(割ける時間)は個々によって様々です。

またチームや個々のプレイスタイルによって求められる戦術や戦略は違うため、体力の中でどの能力を高めるかを決定する必要があります。

例えば、

・技術が低い選手でより相手より動き回れる能力「持久力」が必要

・ポジションによって高くジャンプする能力「パワー」が必要

などです。

全ての能力を高めたいですが、トレーニングに割ける時間は限られているため目的を明確化すること。目的が明確化し高めたい能力が決定したら、計画を立て正しい方法でやり込みます!

 

最後に

 

今回は簡単にではありましたが、「トレーニングを理解して効率的に取り組むには」ということについてお話しさせていただきました。

 

今後はトレーニングの種類や方法などを、アスリートやスポーツ愛好者の皆様が理解しやすく活用出来る内容でお届けできればと思います。